読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

王滝マウンテン準備

本州太平洋側

f:id:asunaro5963:20130930050959j:plain

いきなり、100kmに参加 無謀というか迷惑です m(_ _)m

マウンテンのプロ第一人者小笠原 崇裕さんがこの大会について書いている

『王滝100キロといえば長距離系MTBレースのまさにベンチマーク的な大会。

何となく「久々に100K出てみるか」と思ったが吉日、エントリーボタンを「ポチ」っとしている自分がいた。
この王滝のコースは、御嶽山の麓の普段はゲートがあって立ち入れない林道をグルっと1周100Kを入るレース。平坦部分は湖畔の僅か数キロのみで、獲得標高は2500Mを超える。
コースの全部が砂利道とあって「たった100キロでしょ?楽勝だろ」ってナメて参加するライダーを打ち負かすその完走率は良くて80%前半、悪い時は50%台のレースもありただの林道100Kだからといって参加すると返り討ちにあってしまう。

この王滝で優勝していた頃は5時間踏み続ける練習ってのをよく行っていたが、今は5時間?無理無理~泣きが入るよ。長く乗っても2時間の練習なので長距離に対してかなりの不安があったが、そこは経験と洗脳によってカバーしようと目論んで王滝に入った。』

と…私も楽しそうだ~とポチ

(小笠原選手と全く次元が違うところで)あ~なんて事を!

f:id:asunaro5963:20120525205955j:plain

 

 

 

f:id:asunaro5963:20120525210006j:plain

 

 

 

怪我をしないこと

迷惑にならずに走ること