歩いたりまわしたり Walking and turning

I like walking and turning pedals all the time.

王滝マウンテン 結果

セルフディスカバリー王滝結果

レースなので、まずは結果から

100kmの部完走タイム 8時間47分(くらい…)

落車1回左肘擦り傷程度(軽くて少なくて幸運)、

自転車押し場面後半多数

腰痛・膝痛あり

シートクランプの不調で調整場面数回、

パンク等その他の自転車故障なし(幸運)、

後半の最後頭痛あり(軽い日射病か。水分補給不足、寝不足も原因か)

走りは、のぼりに比べて下りが遅すぎる 下りはスキーで言うと

こちらがボーゲンのときに、みなさん直滑降で相手にならない。

レベルに極端な差あり。

 

最後尾でスタートし、真ん中より少し前までいったが

シートが激しい振動で落ちてきて直し数回道路脇で調整。

順位をおとす。

その後のぼりで追い上げて、下りでごぼう抜きされるの繰り返し

40kmすぎ地点から両足の膝痛でセーブしだし、このころから

のぼりでも何人かに抜かされだす。中盤は下りをまねして

スピード出して下る。29インチフルサスの効果が多少出て

テクニックなくてもある程度のスピードで下ることができた。

後半は怪我、自転車のパンクこわくて、頭痛もあり、

ある程度の勾配のあるがれきが多いのぼりは押し(落車するとけがするので)

下りは慎重に走り(ルートどりを間違えると鋭利な岩でパンクするので)

ゴールする。

タイム的には、第一PC(34km地点)で1時間の貯金、休憩で30分とり

30分の貯金で再スタート、第二PC(64km地点)で1時間30分の貯金。

その後貯金1時間を切らないようにイーブンペースで走ることに注意した。

目標の完走ができて幸運。感謝(大会スタッフの方々と、自転車整備してくだ

さった方々、ただ横にいるだけではげましになった参加者の皆さんに)

 

それにしても雄大な景色!!

ガードレースもない谷底多数。高所恐怖症の私はなるべくそちらは見ない

ようにした。その他、え?っていう景色たくさん。一度走ってみる価値あり

です

 

f:id:asunaro5963:20120529095007j:plain

 

f:id:asunaro5963:20120529102745j:plain

 

f:id:asunaro5963:20120529102804j:plain

 

f:id:asunaro5963:20120529102825j:plain

当日のジャージ。

くだりは、すごいスピードで下っていった私にとって

スーパーマンじゃないかと感じる人がのぼりで亀さんになっている

あれ?っていう経験を何回も。しかも同じ顔ぶれで…

しかし相手は、もっと嫌だったと思う…

のぼりで抜かされた相手が下りで自分の進路をふさいでいる。

それも何回も

この黄色い豚め! と確実に思われていただろう 

ごめんなさい。