読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

王滝マウンテン 

本州太平洋側

f:id:asunaro5963:20120529120552j:plain

前日土曜日の午後3時の飛行機で名古屋セントレア

後になってみるとこれが遅すぎだったでしょ…

f:id:asunaro5963:20120529120608j:plain

実は最初の写真の飛行機でなくてスカイマーク

今回は、もちろん折りたたみ自転車ではなくて

自転車料金2千円別途かかりました。

よろしくお願いしますと平身低頭です

f:id:asunaro5963:20120529120619j:plain

レンタカーを借りた直後。このように袋に入りきらず

変速機がむきだしになっています

f:id:asunaro5963:20120529120634j:plain

空港で自転車オイルを没収されたため、かねてより調べていた

名古屋近くの大府市のkonsinさんに駆け込みます。

f:id:asunaro5963:20120529120645j:plain

今回の大会は、走行中はすべて自分で解決して走りぬこう

という大会なので、オイルなしで走るのは厳しい。

オイルのついでに、自転車の点検を再度お願いします。

プロは手早く適確。変速機は曲がっていなくてホッと。

しかしスピードメーターのコード処理にダメだしされる。

すこしでもコードに遊びがあると、王滝は石がばんばん当たって

確実に切れるということ…う~ん、聞きしに勝る過酷さ…

コード処理をお願いする。ありがとうございました。

その後、ドンキホーテで明日の朝食等々を買い出し。午後9時と

すっかり遅くなってから名古屋を出ることに。

f:id:asunaro5963:20120529120702j:plain

このナビがくせ者で、名古屋ど真ん中の高速を案内し

中津川インターでなくてその先の国原(?)インターで

降りてすごい県道(109号線)から大滝へ(1時間くらいの

ロスかな~)

スタート地点に着いたのは、午前1時過ぎで午前4時前まで

の車中泊(おまけに借りたファンカーゴはフルフラットになら

ない旧式だったので、シートをたおし仮眠で腰痛悪化)

つか~ん!

f:id:asunaro5963:20120529120718j:plain

午前4時前に携帯電話のアラームが鳴る。ほとんどやる気なし。

う~ん、出走するのか~

当日受付午前4時30分からなので、その前にトイレに行くと

恐ろしい光景が…午前4時なのにスタート地点に100人以上がすでに

並んでいる。スタートは午前6時です。う~んマウンテンで追い抜くのは、

厳しいのでそうなるんだ~。タイムや順位に明確な目標がある人がこれだ

けいるのだ~すごいなあ!

トイレは私が出たときには、すでに10人以上が並んでいる。

圧倒される。

もろもろ見なかったことにして受け付けをすませて、マイペースで準備

する。

f:id:asunaro5963:20120529120740j:plain

結局並んだのはスタート15分前で最後尾の方。どしろうとなので

まずは迷惑にならないようにという考えもあって、これでよし…です。

f:id:asunaro5963:20120529120758j:plain

スタート10分前ですが、トイレ渋滞は続いています。たぶん

42km、20kmコースエントリーの方々でしょう。1~2時間遅れの

スタートですから

f:id:asunaro5963:20120529120812j:plain

スタート1分前!

先頭がずっと先の方

f:id:asunaro5963:20120529120831j:plain

第一PC 1時間の貯金ができましたが、シートポストが締まらない!

困った。調整し、飲食補給、トイレとしていたら30分が…

PC出てすぐにのぼり。乗るタイミングを逸すると、押すことになります。

写真ではわかりませんが、途中で乗ることが難しい勾配です(無理して乗ると

落車したり、脚がつる (^_^;))。

f:id:asunaro5963:20120529120856j:plain

この写真の手前に仮設トイレがあります。サービスは水補給のみ。

食料は自前で、その他のサービスもなしで自己解決が原則です。

ブルベの趣旨に似ています。

f:id:asunaro5963:20120529120917j:plain

こりゃもうだめと坂の途中で降りて、一人PCとします。

スタートの受け付けで唯一もらった補給食を楽しみに開封すると

私の嫌いなココナッツ味だ!5年前の苫小牧300のブルベで食べて

以来の再会! つか~ん!!(と言いながらいただきました。m(__)m)

f:id:asunaro5963:20120529120939j:plain

下をふりかえると、皆さん奮闘中~

f:id:asunaro5963:20120529121005j:plain

その後、押しが増えてきて

f:id:asunaro5963:20120529121021j:plain

私ももちろん押し。押していても心拍数は、ほとんど下がりません

坂道のがれきを乗ることができるのは、モチベーションと体力と

技術力と乗るタイミングとペース配分の条件がすべてプラスに

なったとき…という感じです。まじで…

f:id:asunaro5963:20120529121041j:plain

75km地点の第三PCで。ここまで来ればゴールも同じと

ホッとします。(しかしこれが間違い。この後乗れる坂道が

ないほどの過酷さ…でした)

f:id:asunaro5963:20120529121116j:plain

第三PC

f:id:asunaro5963:20120529121140j:plain

ゴールして。愛車ありがとう!無事つれてきてもらいました。

まじめにほろっときた。こんな気持ちは2回目のブルベのとき以来かも。

f:id:asunaro5963:20120529121159j:plain

擦り傷でも、ゴール地点で処置してもらえます。

f:id:asunaro5963:20120529121217j:plain

この後、自転車分解して、身の回りの整理をして午後4時過ぎに

会場を後にします。途中所々で仮眠をして午後9時ごろに名古屋近くの

安城市スーパーホテル着。何か見覚えあるなと思ったら、今年の

名古屋300で利用したホテルだった。(改築して名前変わっていた)

最初から最後までぼけぼけでした。300のときと同じように一人乾杯

次の日午前4時ごろに起きて、午前6時にレンタカーを返し、午前7時過ぎ

の名古屋発飛行機で帰ってきました。

 

ありがとうございました。

 

マウンテンは…おもしろと思いました。ロードよりも複雑で、戦略性もあり、

下りのスピード感もあり、等々と。

しかしはまると、リスクも多いかなあ。技術があがってタイムに欲が出ると

違った特色のマウンテンも欲しくなり…と際限がなくなることが

確実かなと

しかしマウンテンの良さ、楽しさに触れることができたのは、とても幸せでした。

 

(・_・)(._.)