読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

対遭難

その他

万里の長城で日本人ツアー客遭難について

 

またあの会社か…という感が先にきてしまいますが…

 

再三の痛ましいことを無駄にしないために

自分として山行でできることは

 

必ずツェルト(またはそれにかわるもの)を持っていくこと

(ツェルトはチームで山に登るときは、団装扱いだと思うが、

ソロやツアーでは一人一つ持つ必要があると思います。ツアーはチーム

登山ではないことは、あのトムラウシ山遭難の時にまざまざと見せつけられた)

※もちろんツェルトを張る練習を繰り返しておく

 

低温になっても対応できる服装の準備を

(厳しい気象条件でも、なるべく短い時間で着られる練習をする)

 

非常食の準備を

 

水やストーブの準備を(暖かい飲み物の準備を。ツアーの場合は

最低でも保温ボトルに暖かい飲み物を入れて持参を)

 

地図を携帯し、読図を。またGPS等で厳しい条件下でも居場所を特定

できる手だてを

 

等でしょうか

 

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします