歩いたりまわしたり

世界一周なんて嫌い。だけど、テーマを決めて巡って、結果的に世界のあっちこっちをまわれたら良いですね\(^o^)/I like walking and turning pedals all the time.

旅に適した自転車を考える ヨーロッパでびっくり^^;

asunaro5963.hatenablog.com

 

上の記事にも書いてきたが、一昔前のランドナーに憧れがあった

私は、ヨーロッパほど道路が整備されている国々ならばランドナーでも

容易に走破できるだろうと、半分たかをくくっていました。

 

日本のサイクリングの大会で、舗装路ばかりをコースにしておかしいの

ではないかと、コースのなかに数百メートルの未舗装路を入れましたが

逆に文句がでて辟易としたことがありました。北海道なんてまだダートが残って

いるのだから、そこでしかできない体験だってあるのではないかという思いでした。

(そこをはじめて通ったときは鹿が出てきました)

その私でさえ、今回のヨーロッパのサイクリングロードを走り、

『ちょっと、これひどいダートじゃない?自転車の走るところじゃないよー』

と心のなかでブーブー。やはり固定観念っておそろしいですね。

 

自転車は舗装路を走るものだという固定観念で今回しっぺ返しをくらいました。

長期の自転車旅行の場合は自然と荷物が多くなります。

その中で、ダートのドロップハンドルがどのように走りづらいかを嫌というほど

味わいました。正確には肩幅しかないバーでは、ダートのときに満足に押さえ

がききません。またタイヤボリュームが全く足りません。

(今回の自転車スワローランドナー

タイヤ26✕1.5→ミリ換算38ミリ太さ✕559ミリ径)

この重量と荷物のバランスの悪さもありましたが、ダートを走ってみて、やはり普通

に走るためには最低でも26✕1.75→ミリ換算で45ミリはほしいところです。

あるとき、ハンドルがとられ転倒し、タイヤをバーストしてしまいました。(^_^;) 

これらの道は、その国を代表する自転車道路です。(フランスのサイクリング

ロードが少ないのに嫌気がさし、ドイツ・オランダの有名なライン川サイクリン

グロードとベルギーのサイクリングロードを走りました)

あちらの国々では、やはり自転車は自然に親しむものとして、日本でいう

ハイキングをするような道をサイクリングロードとして開放しています。

例えば同じドイツでも行政区が違えば、ある行政区はほぼ100%ダート。

違う行政区はほとんど舗装と‥。場所によってマチマチ。たぶんサイクリング

ロードに対する認識が違うのでしょう。自転車をエコとして、なるべく自然を

害さないような道路行政をする地区と、完全に公園化し舗装路にする行政区と。

どちらもライン川サイクリングロードとして連結していますから、外国から来て

情報が少ない私は戸惑いました。(パリの書店をめぐりライン川サイクリング

ロードの解説地図を探しだし買いましたが、ほとんど役に立たず‥でした)

舗装している場所ではドロップハンドルで競技の練習をしている姿も多くみかけました。その地区だけは、ドロップハンドルのロードバイクが走っていて、ダートではほとんどロードは皆無でした。

それと、ドイツでは電動自転車も多く普及していました。およそ半分に近いのでは

ないかなと思える地域もありました。

また印象的だったのは、家族で自転車を楽しんでいる姿が多くみられた事。

お父さん、お母さん、お子さんの三者で走っていることが多かったです。

 

このように自分の固定観念に気がつき、ニヤニヤとすることも

特に歳をとってくると貴重で、楽しいです。

私の夢は南米を走ることなので、これではとてもやっていけない‥と

感じて、調べてみたら、『バイクパッキング』という方法があるとわかりました。

なるほど‥ だからその概念が出てきたのだなあと納得がいきました。

 

日本では何かそれ専用のバックを買ったらバイクパッキングだと誤解されていますが、

要点の肝は、荷物を今までのように左右や前後に分散するのではなく、フレームの

芯に近づけ、フレーム真ん中の三角形になるべく重いものをパッキングしようとい

う考えだと思います。

そうすることにより特にダートなどで自転車の性能をフルに近く発揮させ楽しもう

ということだと‥。

『そのとおり!』とその必要性を嫌というほど感じた旅でした。

 

 また日本のように舗装路が多く、コンビニが多くあるため大量の食料も搭載しなく

ても良く、ロードバイク中心のサイクリングでは、バイクパッキングの誤解から

逆にサドルバックばかりが大型になり重量のバランスを崩しロードバイクの性能を

落としているケースもあると思います。日本ではキャンプをしないならば、というか

日本ではキャンプがしにくい。その結果自炊用具、食料、テント持参でない旅の方が

今は現実的。日本にサイクリングに来たフランス人のアランたちもテント持参でなく、

朝5時ごろから走り出し、午後3時過ぎには農家などの民家で物置などに泊まらせて

くれないかと交渉していたよう。(北海道では‥)

そういう場合は、700×23Cから太くても32Cくらいの自転車で十分だと思います。

そのときは荷を軽量にし分散する方がバイクパッキングの概念にかなっていると思います。(700×23C~32C → 23ミリ✕622径~32ミリ✕622径

f:id:asunaro5963:20180405204555j:plain

外国のバイクパッキング‥軽装備がバイクパッキングであるという考えで始まったわけでないことがわかる。ダートをより楽しく走りたい→振動で壊れやすいキャリアフレームを使わないで自転車に直接バックをくくりつける。より自転車本来の性能を引き出すために重量バランスを考える。それがバイクパッキング。

この写真からもわかるように、

荷物が全てタイヤの真ん中より内側にある。重いものがフレームの三角の中にある。またはタイヤの中心にある。(水など) 比較的地面から高いところのバックであるフロント下バックとサドルバックに衣類、マット、テントなど軽いもの。よく考えられていると思う。

 

f:id:asunaro5963:20180405205753j:plain

6年前の本州旅行です(羽田ー横須賀ー箱根ー沼津ー静岡) 

ホテル泊だったらこれぐらいの荷物でも大丈夫。

輪行袋は飛行機を降りてから最終日のホテルに送っています。OS-500です。)

同じ年に行った台湾一周も同じ自転車と装備で走っています。台湾は舗装路で日本と

同じくらいコンビニがあるので、この装備で十分でした。(OS-500を最初のホテル

に預かってもらっていました)

ロードバイク(700✕23C~25C)だったらこれぐらいが性能を損ねないと自分的には思います

 

もちろん経済的な問題や、走り重視よりも経験重視で、タイヤ32Cぐらいの太さの

クロスバイクでキャンプ道具まで積んで日本中を回るという選択肢もあると思います。

国内ならば舗装路がほとんどでしょうから。例えば、今はランドナーではなく、32Cくらいのクロスバイクで走る大学サイクリング部の若者が多いのかな。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回のヨーロッパの写真です。↓

f:id:asunaro5963:20180405211013j:plain

今回の装備。今回はツーリング(キャンプ用品やある程度の食料、水を持ち運ばなくてはいけない)のため、日本製ランドナーを選択。(アラヤのスワローランドナー

後ろは高い所にだけ荷物がある。前は下の方に荷物があるのは良いが

左右のバランスが難しい。全体的にバランスが悪い。

(後ろの荷物を後ろサイドバックやパニアバックに振り分けてバランスを少し改善し軽いギアを一枚たせば舗装路が多い日本でのキャンピングには十分に対応できる)

ヨーロッパのダートにとってはタイヤが細い。太いタイヤを履くと泥除けをはずさないといけない。  

 タイヤのミリ換算で38ミリが標準。その上の45ミリは泥除けをはず

さないとダメ‥です。(国産メーカー製のツーリング自転車はタイヤ太さが38ミリが限界でしょう。それ以上の太さは国内で走る分には需要がなかなか‥と推測されます。

国内は舗装路が多く、キャンプ用品等の重装備で走る人は極端に少なくなってきてますから‥。それでも38ミリはクロスや最近流行りのグラベルロードと比べれば太い方です。)

また世界で最も流通している26インチ規格のタイヤという点は強みでした。

 (今回ダートで転倒し、前輪がバーストした後にドイツの自転車店に行って

45ミリのタイヤしかないと言われたが、何とか38ミリないかと懇願。後ろの倉庫から

調べてくれて1本あり泥除けをはずさなくても良く助かりました)

軽いギアが不足している。前が三段でギア変速が忙しすぎる。 ‥かな。

でもこの形は気に入っているんです‥(固定観念‥笑)

f:id:asunaro5963:20180405213051j:plainあちらの長距離旅行者は、ドロップではない自転車がほとんどです。メジャーなのは

上の写真のようなバタフライハンドルかフラットバーかな。  

ちなみに自転車旅行者は後ろのような形のテントを張っている方が多かったです。

日本では自立式のテントが良いとされていて選択肢に入らない形のテントですが、それも固定観念かもしれませんね。

f:id:asunaro5963:20180405213213j:plain

こんなパターンも普通でした

f:id:asunaro5963:20180405213256j:plain

よく見たら、電動自転車の集まりです

f:id:asunaro5963:20180405213405j:plain

汽車にも普通に乗せます。家族で4台入ってきました。私も協力してパズルのように

場所決めしました。

f:id:asunaro5963:20180405213608j:plain

ドイツの街中ではこんな自転車も。子どもや荷物を乗せたりします。このサイクルショップのオリジナルです。

f:id:asunaro5963:20180405213715j:plain

家族で自転車キャンプでした

f:id:asunaro5963:20180405213811j:plain

珍しいスーリー(日本では自動車キャリアで有名)の自転車キャリア

ドロップハンドルでタイヤの細さでキャンプをされていました。ヨーロッパでは珍しいケースでした。

f:id:asunaro5963:20180405214252j:plain

街中を行き来する自転車。ヨーロッパでは前カゴではなく、このような後ろバックが

メジャーでした。

f:id:asunaro5963:20180405214501j:plain

カップルの方が気になります

f:id:asunaro5963:20180405214617j:plain

こんなダートはかわいい方

f:id:asunaro5963:20180405214650j:plain

写真ではわからないのが残念。石が大きすぎて前に進みません。

f:id:asunaro5963:20180405214800j:plain

どこを走ったら良いか迷いました

f:id:asunaro5963:20180405214840j:plain

f:id:asunaro5963:20180405214900j:plain

f:id:asunaro5963:20180405214921j:plain

f:id:asunaro5963:20180405214948j:plain

比較的走りやすい道。慣れてくると、この道の方が良い道に見える。

f:id:asunaro5963:20180405215052j:plain

f:id:asunaro5963:20180405215123j:plain

f:id:asunaro5963:20180405215148j:plain

f:id:asunaro5963:20180405215219j:plain

f:id:asunaro5963:20180405215252j:plain

ダートと同じくらいこわい石畳の道

f:id:asunaro5963:20180405215332j:plain

f:id:asunaro5963:20180405215401j:plain

写真ではわかりませんが、時速10キロも出ません

f:id:asunaro5963:20180405215501j:plain今回の最悪の道。車も人もいっさい通らない。虫が口の中に飛びこんでくる。自転車の

ハンドルに木や草があたる。苦労していると、突然視界が開け、白鳥がいる沼へ。

コロリとすばらしい!と感動する。そういう道だからこそ、自然も残っているのですね。f:id:asunaro5963:20180406103824j:plain

f:id:asunaro5963:20180406103902j:plain

f:id:asunaro5963:20180405215551j:plain