読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅の総括2 旅とは

f:id:asunaro5963:20170522182422j:plain

いろいろな旅行記を読んで、共感する場合はそう多くはないがこの本は個人的に良かったです。

そこから自分が少しウエット?な感性を持っているのかもしれません。

作者も物事や人に対して優しく考えるタイプなだけに、起こったことを引きずりやすい傾向のようです。それが旅の同伴者である夫(アメリカ人)との諍いの原因にもなって、ケンカになっている様子が少し面白かったです。言うなればクヨクヨするタイプ。

無理にでもニヤニヤして、決断をはやくして、自分で決断して、何にでも『実験だ!』と自分で思い込ませることで、悪い目が出ても『なるほどね~』と思うようにすると比較的気が楽になるんですけどね!

しかしそういう作者だからこそ、感性はするどいのかもしれません。

そういう人が自転車に乗ると、おもしろいことが起こるかもしれません。(笑)

その作者が書いていることは

~以下抜粋~

 大切なのは「どこに行って何を見るか」ではなく「それぞれの場所で何を感じとるか」に変わっていた。

~以上抜粋~

旅の計画のときと、旅の途中での自分の意識の変化をこう書いています。

 

う~ん

なかなか真理だと思うのです

 

 

旅の総括1 仙台で感じたこと

旅の総括を何回か書いてみたいと思います。

 

一回目は仙台

asunaro5963.hatenablog.com

今までの自分の教育の柱が間違いでなかったのを再確認させてもらった。

 

一言で言って、教育とは将来の個々の伸びる芽を培うこと

5年先、10年先を考えること‥

子たちを決して根無し草にはしない!という大人の強い意志を感じました。

 

例えば

震災の悲惨さで、それを見ないように避けるようにする人たち(実際に震災を体験しなかった人たちも含めて)がいる一方で、全く逆の行動をする人たちもいます。

 

例えば

私のブログの後半半分は、震災後の子たちの活動の写真です。

極端に言うと私は震災という事実よりも、その後の当事者の行ったことに注目しました。

反対意見もあったでしょうに、その後の教育は震災に関わる教育をしました。決して震災を忘れる教育ではありませんでした‥

最後の写真はそれを象徴しています。

 

それを見て、我々大人が、

『震災 なぜ失われた街の模型づくりをするのか』

をネットで検索をかけても、その目的がのっています。

私はその検索をかけることができる人が学力のある人だと思っています。少し極端でしょうか?

検索をかけてみると、決して仙台だけでなく、神戸でも‥いろいろな場所でこの作業が行われていることがわかります。

その検索した記事を読んで、

共感する人もいれば、それに反対する人もいる。

そんなきっかけに、私のブログがなれば‥

と思っています。(はかない願いですが‥)

 

私がブログにのせるのは、上の目的よりも自分のために残しておくことも重要な目的ですので、偉そうにも言えないのですが‥

 

職業病で、どうしても言葉足らずになってしまいます。

それは言葉足らずの方が、人の得るものが大きいからです。

自分の思いや願いをすべて説明してしまうと、何もかもがパーになるという意識が強いからです。

 

自ら得ようとしないと、なにも変わることはできない

これは、初期の頃の私と今の私で大きく変化したことでしょう。

それにより私が冷たい人だと感じる方も多くいるだろうな‥と思います。

m(__)m

 

しかし、上の考えは

この10年間、私と関わった人(子たち)は当然知っています、

例えば『勉強するのが嫌ならやめれば‥』『あなたは何がしたいの?』

と言い続けてきました。

しかし、私の学習塾はそれでつぶれませんでした。

(残る子たち、支持してくださる保護者の方々がいました)

自慢ではなく、私がすばらしいのではなく、子たちがすばらしい。親御さんがすばらしい。人の生きる力がすばらしい‥と思います。

それを私はまざまざと実感させてもらった、幸せな時間でした。

 

マイナスも含めて、何かを経験したからこそ! と変える力が、確かに人にはある‥と今回も感じました。

 

 

 

帰路

突然、決断です…


f:id:asunaro5963:20170511201828j:image
f:id:asunaro5963:20170511201845j:image

もう少しすると、感性が復活するのは、分かっていますが、とりあえずしきり直します。

減量は、マイナス6キロでした。

男鹿半島

雨予報に、早朝から動きました。

男鹿半島寒風山に登り、

雨が降ってきて、

今度は室内(イオン)まで車で走り、

歩いてます。

その必死さが少し異常?


f:id:asunaro5963:20170510152329j:image


f:id:asunaro5963:20170510152401j:image


f:id:asunaro5963:20170510152415j:image


f:id:asunaro5963:20170510152448j:image



f:id:asunaro5963:20170510153653j:image


f:id:asunaro5963:20170510153719j:image


f:id:asunaro5963:20170510153730j:image


f:id:asunaro5963:20170510152538j:image


f:id:asunaro5963:20170510152551j:image



f:id:asunaro5963:20170510153756j:image

焼きそば

横手市は焼きそば…なんですね!


f:id:asunaro5963:20170508235610j:image

 横手藤春食堂にて

 

かまくら…だという方も…


f:id:asunaro5963:20170508235731j:image


f:id:asunaro5963:20170508235751j:image

かまくら館にて

 

青い山脈石坂洋次郎氏だという方も


f:id:asunaro5963:20170509004009j:image

共感しました

石坂洋次郎文学記念館にて

 


f:id:asunaro5963:20170509000010j:image

横手城跡からの展望

肉眼では鳥海山が見えるのですが…

 

 

湯沢も歩きました


f:id:asunaro5963:20170509000128j:image

やはりコーヒー、ご飯すべて味が違うそうです。


f:id:asunaro5963:20170509000234j:image


f:id:asunaro5963:20170509000259j:image



f:id:asunaro5963:20170509000356j:image


f:id:asunaro5963:20170509000415j:image

 

今日は帰国して初めてのホテル泊です。

三千円…(^^;)

 

いつも泊まりは…


f:id:asunaro5963:20170509000616j:image

ファンカーゴ

トヨタが売れすぎると儲からなくなるから、つくるのをやめた車(かもと思っている)です…

初心者用のカーボンフレームの自転車と同じくらいの価格で手に入れました。(^^;)

まあ13年以上たっているから。しかし走行距離はまだ三万キロ弱です。よけい怪しい (笑)

 

またの機会に感想などを…

山形

山形に逃げて…


f:id:asunaro5963:20170507213702j:image

蔵王

あまり写真がないのは、歩いた、まわした場所でないから。

自分は根っからのサイクリスト。途中経過がない、背景のない景色はなかなか感じ入ることができない。


f:id:asunaro5963:20170507214046j:image

トレーニング場となった…


f:id:asunaro5963:20170507214144j:image


f:id:asunaro5963:20170507214229j:image


f:id:asunaro5963:20170507214251j:image


f:id:asunaro5963:20170507214344j:image


f:id:asunaro5963:20170507214444j:image

 

次に行ったのは

銀山温泉

おしん千と千尋の神隠し…の世界なのかな


f:id:asunaro5963:20170507214716j:image


f:id:asunaro5963:20170507214807j:image


f:id:asunaro5963:20170507214908j:image