歩いたりまわしたり

世界一周なんて嫌い。だけど、テーマを決めて巡って、結果的に世界のあっちこっちをまわれたら良いですね\(^o^)/I like walking and turning pedals all the time.

ヨーロッパ走18日目 美しいフランス

パリを目指す六日目 再出発から610キロ地点   
130キロ

今日はいつもよりはやく朝8時にキャンプ場を出発しました。
シャトーダンという街にいます。パリまで130キロ地点まで来ました。

しかし二日連続で90キロ地点を過ぎると首の痛みが増します。これは走行中に直せる種類ではなく距離がのびるのは今は悪化しそうです。

明日は自転車を分解しないで列車に載せ、できるだけパリの中か近くまで行こうと計画しています。

パリには三連泊してツール等を見学、そして今後の計画をたてたいと思っています!
宿泊先も予約しました。
 
首の件がなくても、パリは自転車にとってストレスになるかもしれないので様子見で余裕がほしかったんです。少し時間的余裕を得たいと思います。

f:id:asunaro5963:20180518103708j:plain

なんでもない路地に魅力を感じます

 

f:id:asunaro5963:20180518103839j:plain

途中市場に立ち寄ります

f:id:asunaro5963:20180518103905j:plain

この女の子は、いつも私の前に割り込んできて、かわいかった。

私が試食したら真似して、美味しいねと話しかけたら、はにかんで反対側に行った。笑

f:id:asunaro5963:20180518104023j:plain

 あー本格的なチーズを買ってしまった。はまっています。濃厚なんです。わずか3ユーロちょっと。

 調べてみたら『サントモール・ド・トゥーレーヌ』というこのロワール川地域が本場のチーズでした。濃厚で絶品のチーズで、癖になる味。休憩のたびにフランスパンと一緒に食べていました。

 ※フランス中西部を流れるロワール河。その流域は「フランスの庭園」と称されるほど風光明媚で多くの古城が点在する美しい場所です。そしてチーズ好きが「ロワール」と聞いてまず思い浮かべるのがシェーヴル、つまり山羊乳製のチーズです。ロワール河周辺は、このシェーヴルのフランス最大の産地で、多くの有名な高品質シェーヴルを生み出しています。代表的なのがセル・シュール・シェール、ヴァランセ、そしてこの“サントモール・ド・トゥーレーヌ”です。シェーヴルの旬は春~夏。早春に出産を終えた母山羊たちが、みずみずしい青草やハーブを食べて美味しいミルクを出してくれる季節。したがってチーズも風味豊かに仕上がるのです。

f:id:asunaro5963:20180518104154j:plain

ロワール川 

f:id:asunaro5963:20180518104223j:plain

f:id:asunaro5963:20180518104244j:plain

f:id:asunaro5963:20180518104300j:plain

到着してロワール川沿いのキャンプ場で夕食を

今晩のキャンプ場‥Camping du Moulin à Tan